チャンネル登録お願いします ⇒ https://goo.gl/Yv6n3r

私が12歳の時、
両親が他界した。

私には三つ年下の
弟が居たのだが、

それぞれ別々の親戚に
引き取られた。

一ヶ月も経たないうちに、
親戚の私に対する態度は
冷たくなった。

私は高校進学を諦め、
工場に就職し、
一人暮しを始めた。

私が17歳になると同時に
弟を呼び、
二人で暮らした。

弟には世間並みの
生活を送らせてやりたい
と思い、

昼は工場、夜は水商売で、
何とか弟を高校に
入れることが出来た。

それから三年・・・

弟は高校を卒業し、
東京で働くといい、
上京した。

私は夜の仕事を辞め、
近所のスーパーで
働くことにした。

※ 文字のスクロールスピードは、動画右下の歯車マークの【速度】から変更できます

参照元: 2ch
画像動画: 写真(Channel art) :The Kiss-‘Playingwithbrushes’
Pixabay https://pixabay.com/・GAHAG http://gahag.net/・ぱくたそ:https://www.pakutaso.com/
GATAGフリー素材集 壱:http://01.gatag.net/
BGM:D-elf.com http://www.d-elf.com/free-bgm/video-production

【Love & Happy】
思わず人に話したくなるような話題とニュース、驚きの話、ステキな話を届けます。
泣ける話、心に響く感動の話を中心に、スカッとする話、人々に起こる様々な実話。興味深いだけでなく、あなたの人生に、とても参考になるお話です。
共感を得られた方はチャンネル登録をお願いします。Miyu
チャンネル登録 ⇒ https://goo.gl/Yv6n3r

【関連動画】
【感動 泣ける話】「よー逃げた、よー生きててくれた」旦那の酷いDV、子供の命が危ない。真夜中に子供抱き、家を飛び出した…Miyu

【感動泣ける話】母が七くなり父は出て行った。生活に行き詰った私は街で男に声をかけた。男は少し考え込んで「一緒においで」と言った。Miyu

【感動泣ける話】夕食後風呂に入っていると妻が「ご飯できるから早くあがってね」俺は戸惑った→若年性アルツハイマー30歳までは生きられないと医師に言われた。Miyu

【感動 泣ける話】私は男手一つで育ててくれた父のことを作文で一生懸命書いた。でも父の来ない参加日で読んでもしかたないと思っていた・・・Miyu

【感動 泣ける話】隣のDQN一家金髪ピアスの長男が訪ねて来た。警戒しながら要件を聞くと「子供用の弁当の作り方を教えてほしい」だった。Miyu
https://youtu.be/DBLJuthrebs

みんなの反応

  1. 人には幸せと不幸の量が決まっているんじゃないか?なるほど。
    そうかもしれません。

タグ一覧

関連記事